2015年03月08日

天啓気療院・線維筋痛症は天啓気療で必ず改善する・繊維筋痛症は改善するか

繊維筋痛症に悩まされている方々にとって最もの関心事は、繊維筋痛症の痛みから解放されるかどうかであると言えます。何故なら、今日まで繊維筋痛症は改善しないと、医師からは勿論、マスコミにおいても、そして繊維筋痛症に悩んでいる方々からの情報においても、繊維筋痛症は改善するはずがあり得ないと聞かされ続けているからです。しかし、私がこれまでに行ってきた手をかざす治療法「天啓気療」を行ってきた限りでは、改善する度合いや時期などに違いはありますが、ほぼ100%の方が改善していると言うか完治しています。

日本の医学や医療は、世界水準から判断をしてみても高水準と言っても良いでしょう。その医学を持ってしても改善が望めないとされている、繊維筋痛症が、たかが手をかざす治療方法「天啓気療」をしたら改善したなど言われても、俄かには信じ難いでしょう。しかし、事実であることは間違いが無いのです。

確かに、天啓気療で線維筋痛症が改善するなどと聞かされても素直には信じられない方が多いものと思います。何しろ、線維筋痛症に悩んでいる本人は勿論、家族の方々も、そして医学に精通する医師であっても、改善や正常な状態に近づくことなど絶対にあり得ないものと固く信じているのが現状と言っても言い過ぎではないのです。増してや通常は、線維筋痛症が改善したり、完治するなど全く考えられないものとして理解されています。しかし、私の実施する天啓気療によって、改善と言うか完治と言うか素晴らしき現象が全ての方に現われているのも事実です。

線維筋痛症の場合、テレビをはじめマスコミなどにて取り上げられてもいますが、一般的な常識では改善するなど考えられないと言われています。だからと言って、簡単に諦めてはならないのです。何故なら、私のような常識では全く考えられないような能力を発揮する者も現実に存在するのです。

全ての動画・遠隔ヒーリングを含む
https://www.youtube.com/channel/UCuom4_TOQ4NgCp75dvoMtRw/videos?shelf_id=0&sort=dd&view=0
天啓気療は私がおこなっているオリジナルの治療法です。
詳しくはこちら http://www.tenkeikiryoin.jp/
体験談のページ http://www.tenkeikiryoin.jp/newpage82.htm

公開責任者・天啓気療院 北沢勇人  電話 03-5211-8288

posted by 天啓気療院・北沢勇人 at 10:17| Comment(0) | 線維筋痛症に悩んでいる方への朗報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

天啓気療院・線維筋痛症は天啓気療で必ず改善する・なぜ繊維筋痛症が改善すると言えない

その要因は、繊維筋痛症になぜ悩まされるのかの原因が突き止められないからであると私は考えています。繊維筋痛症に悩まされている方々に問い合わせてみると、必ずと言って良いほど当人に取って耐えがたい体験を経ていることです。その体験した事柄が、心に与えるショックが大きく耐えがたい状態になり、そのようなショックがあった場合においては通常の場合、心の悩みとして表れてくるのが一般的なのですが、繊維筋痛症に患う方々の場合には、心の悩みとして表れてもきますが、肉体の痛みとして表れているように感じます。

つまり、精神的に悩んで患っている方々と、繊維筋痛症の痛みとして悩んでいる方々との違いは、精神的に悩んでいる方々のように、容易に心の悩みでこのような状態になっていると判断するのは難しいのです。しかし、よくよく聞きあたり観察を実施することにより、発症した原因が判明するのです。

ただ、発症した原因が突き止めたとしても、改善させることは難しいのです。それは、一般に言われている精神的な悩みに対しての治療には、精神を落ち着かせる薬などを処方しますが、改善が期待できず悩んでいる方々が多いのです。ですから、繊維筋痛症の場合においても同様であり、原因が判明したとしても改善させることは難しいのです。ところが、私の場合、手をかざすという昔から珍重されてきた治療法を駆使するので、改善したり、完治したりするのではないかと私としては考えています。

全ての動画・遠隔ヒーリングを含む
https://www.youtube.com/channel/UCuom4_TOQ4NgCp75dvoMtRw/videos?shelf_id=0&sort=dd&view=0
天啓気療は私がおこなっているオリジナルの治療法です。
詳しくはこちら http://www.tenkeikiryoin.jp/
体験談のページ http://www.tenkeikiryoin.jp/newpage82.htm

公開責任者・天啓気療院 北沢勇人  電話 03-5211-8288
posted by 天啓気療院・北沢勇人 at 16:14| Comment(0) | 線維筋痛症に悩んでいる方への朗報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

天啓気療院・線維筋痛症は天啓気療で必ず改善する・線維筋痛症の概要

全身の耐え難い恒常的な(慢性的、持続的に休みなく続く)疼痛を主な症状として、不眠、全身の疲労感や種々の症状をともなう疾患であると述べられています。症状が進行すると常時激しい全身の疼痛に苦しみ、僅かな刺激(爪や髪への刺激、服のこすれ、音、温度・湿度の変化など)で激痛がはしり日常生活が著しく困難になります。

首から肩にかけての痛みやしびれ、上肢の痛みやしびれ、腰背部の疼痛やこわばり感、臀部から太ももの痛みと張り感、膝から下腿の痛みやしびれ、眼の奥の痛み、口腔の痛み、頭痛などの様々な疼痛症状が起こります。これらは対称性にでるとは限らず、全身に散在して出現することもあります。

それに伴う症状として、こわばり、不眠、疲労感、全身の倦怠感、だるさ、頻尿、下痢、月経困難、生理不順、過敏性腸炎、リンパ節の腫れと痛み、微熱、ドライアイ、筋力の低下、運動能力の低下、筋肉の激しい疲労、むずむず脚症候群、起き上がれない、歩けなくなるなどの身体症状、悪夢、焦燥感、不安感、憂鬱感、理解力・思考力の低下、集中力欠如、などの精神的症状、あるいは、全身のこわばり感、冷感、四肢のだるさ、頤神経麻痺、関節痛、レイノー現象、日光過敏症、脱毛、シェーグレン症候群、自覚的な関節の腫れなどの、膠原病の症状を訴える患者もおります。

精神的および身体的ストレス、気候、環境によって疼痛箇所が移動したり、疼痛レベルが変化することもあります。原因が不明で患者に外傷がないため、痛みが理解されず、しばしば怠け病や詐病と周囲に誤解されることがあります。患者は盥回しにされ仮面うつ病、更年期障害、自律神経失調症と誤診される場合も多い。痛みのため寝たきりになり、働くことができず、失職したり、経済的に困窮して日常生活が送れなくなる患者も少なくないのです。

日本では人口の約1.7%、200万人以上と非常に多くの潜在患者が存在するにもかかわらず、的確な診断や治療が困難であるのが実状なのです。

「死に至る病ではないが、死んだ方がマシな程の痛み」と表現されるように、患者には早急に社会的理解と介護及び支援が必要であるが、要介護認定で該当判定されることは稀で、難病(特定疾患)未認定及び保険適用外である。しかし欧米では早くから保険適用と認められ、ごく一般的な疾患として扱われている。

現在厚生労働省が線維筋痛症研究班を立ち上げて調査を行っている現在、厚生省の方針(予算の都合)、学会での論争などにより調査継続の見通しは立っていない。

線維筋痛症(せんいきんつうしょう)は、全身に激しい痛みが生じる病気であり、英語ではFibromyalgiaもしくは Fibromyalgia Syndromeと呼ばれています。略語はFMS(FibroMyalgia Syndrome)が使われることが多いのです。原因は不明であり、通常の医師が行なう血液検査では異常が現れることはないとされています。

CTスキャン、MRIを用いて検査をしても異常が判明することはなく、この病気が診断できる特別な検査は今の所はなく、治療法も確立されていないのが実情です。そのため、ドクターショッピングを行う疾患の代表にも取り上げられるほど厄介な病であると言えます。この病に悩む方の割合は、男性より女性が七倍と多く、中高年に発生率が高いと言われています。しばしば膠原病などの自己免疫疾患と併発することもあります。

全ての動画・遠隔ヒーリングを含む
https://www.youtube.com/channel/UCuom4_TOQ4NgCp75dvoMtRw/videos?shelf_id=0&sort=dd&view=0
天啓気療は私がおこなっているオリジナルの治療法です。
詳しくはこちら http://www.tenkeikiryoin.jp/
体験談のページ http://www.tenkeikiryoin.jp/newpage82.htm

公開責任者・天啓気療院 北沢勇人  電話 03-5211-8288
posted by 天啓気療院・北沢勇人 at 19:53| Comment(0) | 線維筋痛症に悩んでいる方への朗報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

天啓気療院・線維筋痛症は天啓気療で必ず改善する・線維筋痛症の歴史

欧米では100年以上も前から知られていた病である。診断方法ができたのは最近で、1990年にアメリカリウマチ学会が分類基準を作成している。欧米のリウマチ科ではよくある病気と考えられており、臨床教育ではプログラムのなかには線維筋痛症(fibromyalgia)がある。欧米では生活機能障害などの保険が適用される。

 アメリカでは女性で3.4%、男性は0.5%、人口の2%、リウマチ科に通う患者のうち15%がこの病気であるという統計がある。日本では2007年現在のところ厚生労働省の調査から、有病率は人口の約1.7%、患者数は200万人程度と推定されている。全体の75%以上が女性で特に20-60歳中高年の発生率が高いと言われている。患者の内約5%が小児との調査結果もある。

 日本では一般医の25〜30%しかこの病名を知らず、患者の9割以上が病名すら知らないとの調査もある。医師の間でもこの病気の知名度が低いことから、患者がこの線維筋痛症という病名を教えてくれる医者に会うまでに平均6〜8軒の病院を回ってしまう(ドクターショッピング)と言われる。
 2002年、線維筋痛症友の会(Japan Fibromyalgia Support Association)が患者により設立される。
 2003年、厚生労働省が『線維筋痛症研究班』を発足させる。2008年から独立研究班として継続中。
 2008年、現在製薬会社及び医療関係では、線維筋痛症候群の世界的な市場性は400億円以上と見られており、治療法が確立することで10年以内に2000億の利益があると見込まれている。
 2010年、各国医療機関及び製薬会社はニューロン単独抑制から、過剰にニューロンを興奮させる『グリア細胞』抑制へとターゲットを変えつつある。

全ての動画・遠隔ヒーリングを含む
https://www.youtube.com/channel/UCuom4_TOQ4NgCp75dvoMtRw/videos?shelf_id=0&sort=dd&view=0
天啓気療は私がおこなっているオリジナルの治療法です。
詳しくはこちら http://www.tenkeikiryoin.jp/
体験談のページ http://www.tenkeikiryoin.jp/newpage82.htm

公開責任者・天啓気療院 北沢勇人  電話 03-5211-8288

posted by 天啓気療院・北沢勇人 at 14:21| Comment(0) | 天啓気療院の北沢勇人より挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

天啓気療院・線維筋痛症は天啓気療で必ず改善する・線維筋痛症の症状の特徴

線維筋痛症の場合全身や広範囲が痛み、またある部分だけが痛むことがあります。その痛みは軽度のものから激痛まであり、耐え難い痛みであることが多いようです。痛みの部位が移動したり、天候によって痛みの強さが変わったりすることもあります。痛みが強いと日常生活に支障をきたすことが多く、重症化すると、軽微の刺激(爪や髪への刺激、温度・湿度の変化、音など)で激痛がはしり、自力での生活は困難になります。

随伴症状として、こわばり感、倦怠感、疲労感、睡眠障害、抑うつ、自律神経失調、頭痛、過敏性腸炎、微熱、ドライアイ、記憶障害、集中力欠如、レストレスレッグス症候群などが伴う事もあり、症状は個人差があります。中には、リウマチや他の膠原病を併発する人もいます。痛みによって不眠となりストレスが溜まり、それがまた痛みを増強させる場合もあると考えられております。死に至る病ではありません。

男性よりも女性に多く、中高年の方に多い病気です。そのため自律神経失調症や更年期障害、不定愁訴など他の病気と診断されることも少なくありません。現在人口の一.六六%、約二百万人いるのではないかと疫学的に発表されております。

痛みの種類は普通の人が日常経験する痛みと異なり、「電気が走るような痛み」[要出典]や「ガラスの破片が流れるような痛み」(「闘病記・手記>40歳女性の場合」線維筋痛症友の会)などという表現で患者に形容される。症状には個人差があり、軽度なら仕事を続けられる場合もあるが、重度の場合は日常生活に支障をきたし自力で生活できない場合がある。

症状が重くなると髪やつめに触っただけで痛みが走り、意識がもうろうとなり寝たきりになる。通常の日常生活(食事・買い物・入浴・着替え・歩行・寝返り等)すら困難になる。多くの患者に筋力の低下、運動能力の低下、筋肉の激しい疲労、関節痛、重度では立ち上がれない、起き上がれない、以前歩けた距離が歩けなくなるなどの症状が見られる。そのため多発性筋炎と診断される事もある。

付随する症状として、こわばりや全身倦怠感と疲労感、頭痛、微熱、睡眠障害、抑うつ、歯の痛みや歯茎、筋力の低下、眼の奥の痛み、過敏性腸症候群などがある。ドライアイの報告もありこの場合は自己免疫性疾患シェーグレン症候群合併皮膚筋炎への移行を警戒する必要がある。

しばしば膠原病(リウマチ・エリテマトーデス・MCTDなど)、甲状腺機能低下症(橋本病)、潰瘍性大腸炎、血清反応陰性脊椎関節炎等の免疫疾患を併発する事もある。特に最近血清反応陰性脊椎関節炎の患者が合併症として線維筋痛症を罹患している頻度が高いことが知られ始めており、脊椎関節炎における多発性付着部炎の箇所と線維筋痛症の圧痛点の多くが一致するとも言われている。関節リウマチ患者との合併率は15.8%である。

全ての動画・遠隔ヒーリングを含む
https://www.youtube.com/channel/UCuom4_TOQ4NgCp75dvoMtRw/videos?shelf_id=0&sort=dd&view=0
天啓気療は私がおこなっているオリジナルの治療法です。
詳しくはこちら http://www.tenkeikiryoin.jp/
体験談のページ http://www.tenkeikiryoin.jp/newpage82.htm

公開責任者・天啓気療院 北沢勇人  電話 03-5211-8288
続きを読む
posted by 天啓気療院・北沢勇人 at 12:02| Comment(0) | 天啓気療院の北沢勇人より挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。